日本製の飲む日焼け止めは安全性が高い理由で選んだ

現在30代前半で、2歳の男の子を育てているママです。
私は今年の夏から飲む日焼け止め「ニュートロックスサン」を愛飲しています。
今までは、市販の塗る日焼け止めを使用していましたが、サンダルやシャツの部分の度重なるうっかり焼けやプールや海など水に濡れると流れ落ちてしまうことに悩んでいました。塗り直すのも面倒だったりと気付けば日焼けしていたりでした。

また、10代の頃は運動部の部活で日中日差しに照らされていることもしばしばでした。このような結果、30代を過ぎてからシミに悩むことになってしまったのです。

最初は、コンシーラーやファンデーションで必死に隠していたのですが、どんどん濃くなる上に、シミの部分とシミでない部分との色ムラやお化粧に時間がかかる上、根本的なシミの解決になっていないと思い悩んでいました。

そして、何よりも2歳の子どもがいるので、動きたい盛りです。ママが自分の身なりや身支度に時間をかけることができません。
お化粧もゆっくりしていると、子どももやってきて化粧品をばらばらに散らかしたり、早く遊びたいので急かされたりと大変な日々でした。
毎日毎日子どもに急かされると私もイライラしてしまっていました。自分の身支度も思うようにできない生活を何とかしたいと考えていた時に、「ニュートロックスサン」を飲んでいるママさんに「飲んでみたら?」と勧められました。やはり同じママさんなので、自分に時間をかけられないことも同じ悩み。

しかし、聞いこともない商品でしたし、飲む日焼け止めという概念が無かったので始めは半信半疑でした。
その後もママさんと話をしていると、飲むだけなので時間もかからないし、塗る日焼け止めのようなうっかり焼けや流れ落ちる心配もないということで、気になり始めました。
また、気になったことは体内に取り入れるものなので、体に害が無いかなど安全性が気にかかりました。

日本製の飲む日焼け止めについて

「ニュートロックスサン」について調べてみたところ、
・紫外線量が多いスペイン生まれの商品で抗酸化力が活性酸素を取り除きシミやしわを予防する作用がある
・抗酸化作用は「ナリンゲニン」「ローズマリー酸」「カルノシン酸」「カルノソール」という成分
・植物「ローズマリー」と「シトラス」から抽出された成分で副作用などの報告は無い
・UV保護効果の結果として、1日に250㎎を8週間飲むと34%UV保護効果が高まり、12週間飲むと56%まで高まった
・紫外線を浴びてしまった後に飲んでも抗酸化作用が働く
・継続して飲むことで肌の紫外線防御力が高まる
などということでした。特に日焼けした後に飲んでも大丈夫な点は魅力を感じました。

ただし安全性が懸念される方もいるということですが、それが
①妊娠中の女性
②授乳中の女性
③4歳未満の子ども
④高血圧
⑤鉄欠乏症貧血の方
⑥「ローズマリー」と「シトラス」のアレルギー体質
⑦薬を服用中の方
ということでした。

それぞれ、
①ローズマリーが原因で子宮刺激から流産を招く可能性がある
②安全性の確認がとれていない
③臓器が未発達なため負担をかける可能性があり、下痢や胃痛も懸念される
④ローズマリーは血圧を上昇させる
⑤鉄の吸収阻害
⑥アレルギー反応をもたらす可能性がある
⑦ローズマリーが服用の薬の効き目と関係がある可能性がある
という理由からですが、該当する方はもちろん心配な方はかかりつけのお医者さんに聞いてみた方が良いかとは思います。

私自身、今年の夏に飲み始めてですが、実感していることは日焼けの色ムラが無いことが1番の実感です。サンダルやシャツの箇所も日焼けをしていなことに驚きました。
そして、塗る日焼け止めや隠すお化粧のように時間がかからないので、子どもが遊びたくて急かすことも気にならなくなったので、イライラすることも減りました。その点は私にとっても子どもにとっても良い点だと思います。

これ以上シミに悩みたくないので、これからも飲み続けたいと思いますし同じように悩むママさんに勧めていきたいと思っています。